メニュー

親知らずの抜歯

 親知らずは、必ず早く抜歯すべきだというわけではありませんが、潜った状態や傾いた状態ではえてきて、むし歯や歯肉の腫れの問題を起こし易い場合には、抜歯を考えた方が良いかもしれません。

 下顎の場合は、顎の骨の中に、頬や唇にのびる太い神経が通っており、親知らずが深い位置にあると、根がこの神経に近いことがあります。抜歯の際に、この神経が損傷や刺激をうけると、抜歯側の頬や唇のしびれなどの神経症状がでることがあります。感覚の回復は、神経の痛み具合によります。抜歯まえに、レントゲン写真で歯の根と神経の位置関係をできるだけ確認し、抜歯することのリスクについて検討する必要があります。

詳しくは、日本歯科医師会HP内リンクをご参照下さい。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME