メニュー

入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)

治療の特徴

抜歯をして歯がなくなった部分(欠損部)に歯を入れる方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3通りです。それぞれのやり方には、特徴があり、プラス面、マイナス面の両方があります。患者様ごとに、どの方法が適しているか、よく検討、ご相談して、最適の方法を選びます。

総入れ歯では、入れ歯の外形の長さや厚み、噛み合わせの正確さ、歯が並べてある位置、などが、どれだけお口に調和してつくられているか、が大切になります。歯科医の入れ歯についての知識と技術が求められる部分です。

  入れ歯ブリッジインプラント
   入れ歯  ブリッジ  インプラント
  歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
骨にインプラントを植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME