メニュー

むし歯の治療

むし歯は、歯にばい菌(プラーク)がついていて、むし歯ができやすい環境があることでできます。糖分を1日に何度も口にしていると、ブラッシングを良くして、プラークをとっていても、むし歯ができ易い環境になってしまいます。

むし歯になり穴があいてしまっている歯は、むし歯をきれいに取って修復する治療をしなければなりません。しかし、大事なことは歯周病治療と同じで、むし歯ができにくい状態をしっかり作り、保つことです。修復治療だけおこなって、原因をなくさないと、残っている歯の部分にまたむし歯ができてしまいます。ブラッシングをきちんとすること、糖分を頻繁に口にすることを控えること、がとても大切です。

フッ素は、歯の質を強くする働きがありますので、ブラッシングの際は、フッ素入りの歯磨き粉を使われるようおすすめします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME