メニュー

被せもの(冠・ブリッジ)の治療

冠やブリッジなどの被せものの治療では、精密に歯に適合していること、機能的に調和がとれる状態でお口に入っていることが大切です。

被せものをいれる修復治療の質は、材質だけで決まるのではなく、治療技術や知識、どの程度厳密に細部まで配慮して正確に作られたものかによって影響をうけます。

治療の特徴

抜歯をして歯がなくなった部分(欠損部)に歯を入れる方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3通りです。それぞれのやり方には、特徴があり、プラス面、マイナス面の両方があります。患者様ごとに、どの方法が適しているか、よく検討、ご相談して、最適の方法を選びます。

  入れ歯ブリッジインプラント
   入れ歯  ブリッジ  インプラント
  歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
骨にインプラントを植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME