メニュー

歯の矯正について

歯周病が進行すると、歯と歯の間がすいてきたり、歯が傾いてしまったりして、歯の位置や傾きを整える矯正治療をするのが望ましいことがあります。歯周病が進行し支えが減っていても、歯周病治療をおこない健康な歯肉を取り戻した歯では、矯正治療が可能です。

一方、歯周病の問題があるまま矯正治療をすると、歯周病が悪化する危険があります。矯正治療を考える際には、必ず、先に歯周病の問題を解決しておく必要があります。

歯周病で支えが減った歯の矯正治療では、特に歯を傷めないための配慮が必要です。当院では、必要に応じて、歯周病治療後の矯正治療について、経験豊富な矯正治療専門医と連携して治療を行います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME