メニュー

歯を失ってしまったらどうする?インプラント治療をする前にとても大切なこととは。。

[2018.10.17]

こんにちは。冨岡歯科医院 院長 冨岡栄二です。

不幸にして、むし歯や歯周病で歯を抜くことになってしまったり、すでに歯がない状態の場合、歯を作っていれないといけません。

歯の入れ方は、ブリッジ(残っている歯をつなげて被せる、固定式)、入れ歯(着脱式)、インプラントの3通りです。

歯がなくなると、それだけが不具合、不自由の原因と感じられるかもしれませんし、すぐにでも何かいれたくなるかもしれません。近年、インプラント治療が行われることも多くなっていますが、歯のない所にパッとインプラントを埋めてしまう前に、とても大切なことがあります。

インプラント治療の前に、とっても大切なこととは。。

それは、、インプラント治療の”前に”、お口全体の歯や歯肉の状態をきちんと確認、必要な治療をすることです!!

むし歯や歯周病は「病気」です。インプラント治療は「修復」です。お口のあちこち(インプラントの隣や、かみ合わせの相手の歯など)に「病気」があるまま、インプラントを入れても、全体としては良い状態ではなかったり、結果的にちぐはぐなことになってしまったりします。今自覚がなくても、じきに不具合をおこしてしまいます。

場合によっては、不具合が起こってはじめて、インプラント治療をする時に、ああしておけば良かった、こうしておけば良かった、もうちょっと別の形を考えた方が良かった、となってしまうかもしれません。また、残っている歯に歯周病の問題があるままインプラントを入れてしまうと、インプラント周囲の粘膜が腫れて歯周病と同様の問題(インプラント周囲炎)が起こる危険が高まるのでよくありません。歯周病の治療は、インプラント治療の”前に”必ずするべきです。残念ながら、もう少しこのような点で配慮があると良かったな、というケースが散見されます。

インプラントをパッと埋めてしまう前に、お口全体の状態がどうなっているか、インプラント前に必要な治療はないか、総合的に考えた時にどうするのが良いか、その上でインプラント治療が適切かどうか、、、などなど、、かかっている歯医者さんに、よ~く聞いてください!

適切なインプラント治療のために、お近くにインプラント治療をお考えの方がいらしたら、是非アドバイスしてあげてください。

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

HOME

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME