メニュー

歯科X線撮影について

歯の治療を進めるのに重要な情報を得るために、X線撮影を行うことがあります。最も使われるのは、歯科口内法(デンタル)撮影です。歯科X線写真の放射線量は、非常に限られたもので、ご心配にはおよびませんが、必要最小限になるように心がけています。歯科X線写真の放射線量がどの程度のものか、こちらからご覧頂けます。<放射線と歯科X線撮影>(クリックしてください)

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME